2019年10月07日

MGC応援スケッチラン 2019.9.15 by野口智子

秋晴れ
MGC応援スケッチラン、自宅スタート。
目指すはラン友Hさんとの集合場所の神保町

「それほど応援の人はいないかも〜」
そう思いながら進んでいったら、コースに入ると人がいっぱい・・・
手前のコンビニではトイレ待ちの長い列
そっか〜みんな応援なんだ
しかも神保町は3回選手が通過する場所
みんな同じことを考える
あまりの人になかなか友だちを見つけられずようやく発見、無事に合流、やれやれ


一枚目7.5キロ付近、神保町、「あっという間にランナー通過」
P1250743.jpg


東京マラソン応援と違って、あっという間に全ランナー通過
オリンピック当日もこうなんだろうなぁ・・
楽しみだ

ラン友Hさんとわかれ、ボランティア参加しているラン友Kさんに会いに移動
交通規制区域内は当然ながら車が一台も走っていない
普段の光景とは全く違う、不思議な世界だった


二枚目 32キロ付近、大手門、「まだかなぁ・・」
ここも応援の人がいっぱい
P1250746.jpg


「まだかなぁ・・」
コースをのぞき込む人
スマホを見る人
ラジオを聴く人
椅子持参の人
いろいろな応援の人をスケッチ


三枚目 33キロ付近、二重橋信号 「いろいろな人」
ちょうど交差点の真ん中で折り返す二重橋前信号
いろいろな人が携わっているのがよくわかる
P1250750.jpg


大会関係者
報道カメラマン
警察官
警備員
大会ボランティア


空はすっかり秋の雲
応援するには気持のいいお天気だった
posted by miko at 17:36| Comment(0) | 日記

久し振りの「スケッチラン」in 横浜市都筑区 by野口智子

長いリハビリも最終段階(だと思う。たぶん。だといいなぁ・・)
ランニングの許可もおりた。
「はじめは3キロくらいから、様子を見ながら無理のない範囲で・・・」と。

この「無理のない範囲」というのが疲労骨折の場合には難しい。
ランができないほど痛いのなら走らないが、そうでないから走り続けてきて故障。
最終的にはぽっきりと折れた。
ぽっきりと折れたのが、この「スケッチラン」シリーズ初めの頃の4月9日玉川上水ランの時だと思う。
その時はかなり痛く走れなかった。

それから5か月、
長かった・・・


横浜市都筑区にある都筑緑道。
遊歩道がぐるりと区内をめぐっていて緑がたくさん、適度に高低差もある。
農業専用区があり、懐かしいほっとする土のある暮らしが残っていて好きだ。
センター南、絵を習っている「横浜画塾」のドア前に荷物を置いてスケッチランスタート。
走りは5キロまでにしよう。そう大回りはできない、ちょっとだけ。
それでも、とってもうれしい。

一枚目
「鴨池ハウスの裏側」
P1250735.jpg


そうか〜
こうなっていたのか・・
何回か描いたのは南側の丸く見える方から
描きながら「これは裏はないな」とは思っていたが、じっくり見たことがなかった。

次は、縞々えんとつ方向へランニング
あれ?何だろう?
富士山のような白い建物発見

二枚目
「つづきプール」
P1250737.jpg

ガラス越しに中を覗くと、きらきら光る水面とコースロープ
あぁ〜ここがプールなんだ

なるほど〜
そろそろ走れる距離がなくなってしまう・・
ゲーム中のパワーみたいだ
でも行きたい場所がある
好きな眺めの場所

三枚目
「東方公園脇からの眺め」
P1250740.jpg

農業専用地区越しに広い景色がひろがっている
遠くには高層ビルも
どこかなぁ・・
この先、坂を下りて竹林を抜けていくと・・
気持ちはどんどん先に行きたがる
いや、ダメだ、もう戻ろう、また今度

センター南へ戻っていった。

posted by miko at 17:31| Comment(0) | スケッチラン

2019年08月26日

ランニング大学・座学中のお絵かき by 野口智子

「そんなにお絵かき、楽しいかい?」
小学校2年生の交通安全教室、校庭に座っている間、地面にお絵かきしていた私におまわりさんがかけた言葉
〔え?何で?楽しいに決まってる
このおまわりさん、何で当たり前のことを聞くんだろう?〕
そう強く思ったので印象に残っている

その時と何もかわらない
P1250091.jpg

「山西先生と満開の桜」

P1250094.jpg

「KAZETONARE」

P1250098.jpg

「田村先生とパワーポイント」

P1250101.jpg

「UITEMATE」
posted by miko at 10:57| Comment(0) | スケッチ