2022年04月27日

4月の句 加川雅明さん、間むつみさん、北島政明

視界一面を埋め尽くした桜の季節もすぎて、
雨粒の光る新緑の季節となりました。

いかがお過ごしでしょうか。
ランニングにウォーキングに、この心地よい季節を満喫していただきたいものです。

4月の句をお送りします。
今月も、加川さん、間さんから季節の句をいただきました。

加川さんの句にある「風信子」がヒヤシンスのことだと、この句をいただいて知りました。

間さんが紹介なさった宮沢賢治の詩「春と修羅」に、私も触れてみようと思っています。


私の写真がお二人の句のイメージに合っていることを祈りつつ。

北島政明

※写真はクリック(タップ)すると大きくみることができます。

2022-04-26 4月の句.jpg

2022-04-027.jpg

2022-04-26 4月の句2.jpg

2022-04-26 4月の句3.jpg


―――――――――――――――――――
**投稿のお誘い**

楽走プラスでは、みなさんからの投稿をお待ちしています。
文章、絵、写真、句、なんでも。短い動画も結構です。
お名前は、実名でもペンネームでも可。
投稿やご質問は、下のアドレスまでメールでどうぞ。
rakusou.plus@gmail.com
投稿してくださったものは、掲載を予定しておりますが、時期などは当方におまかせください。
また、掲載記事のリンクをfacebook版楽走プラスに掲載いたします。

―――――――――――――――――――
**コメントのお願い**

コメントお待ちしております。パソコンの場合、記事の後ろの小さな「Comment」の文字をクリック、スマホの場合は「コメントを書く」をタップすると、コメントを書くことも見ることもできます。双方向の会話楽しんでください。
posted by miko at 09:49| Comment(2) | スケッチラン

2022年04月26日

「神宮スケッチ散歩」+「お知らせ@」+「お知らせA」 byスケッチランのぐち

 「神宮スケッチ散歩」+「お知らせ@」+「お知らせA」  byスケッチランのぐち

みなさま お元気ですか?
暑かったり寒かったり・・・
気候の変動が激しいですね
朝ランでは 体重増加のため 身体が重くなかなか進みません。
「これはランではない!」
「ランニングの世界27号」の中にあった「両足が地面から離れる時間があるのがランニングである」という言葉を思い出しながら「とぼとぼラン」しています

今回は「神宮スケッチ散歩」「お知らせ@」「お知らせA」 3つお伝えします

「神宮スケッチ散歩」
横浜画塾主催笠井一男先生の個展が青山で開催中。
チャンスはこの日だけ!
以前は自宅からホントの「スケッチラン」でいったこともあるギャラリー。
今回は電車

「神宮」「青山」・・・・
路地に入ると、道が入り組んでいて、アップダウンがあり、暗渠があり、おしゃれなお店があり、おばあさんが歩いていて・・・
探検するのに飽きない。
時間があまりないが まっすぐ行くのはもったいない!
ちょっとだけでも・・と原宿駅の竹下口へ

この前の週 展示中の自分の絵を国立新美術館まで見に行くのに やはり原宿駅から散歩で向かった。
その時に初めて「新しい駅舎」を利用。
やっぱりなくなっている・・・
以前の三角屋根の駅舎が好きで 何回も描いた。もうないんだなぁ・・・

竹下通り
いつ来たか?忘れるくらい来ていない!
駅を出て信号を渡ろうとしたらセンサーがなった。
風船のようなボールのような飾り

@まるまるいっぱい かわいい門
 P1070669.jpg

坂を下りて竹下通りへ
ほとんど記憶がない。あまり懐かしさも感じない。
脇道に入ってラフォーレ方向へ抜け、表参道交差点を渡り、再び路地へ。

くねくねとした道があり、ちょっと庶民的で好き場所。
キャットストリート、八百屋さんはもっと先だったかな?
時間がないので諦めてギャラリーを目指す。
通ったことがない道を進むと・・・

A「ポツリと昭和 これはいい!」
P1070671.jpg

ずんずん進んで・・
近道だった「すり抜け道」(たぶん私道)がなくなっているのを確認して・・
きょろきょろしながらギャラリーへ
スケッチは我慢がまん!

笠井先生の絵をたっぷりしっかり見て いろいろな方とおしゃべり
以前入会していたスケッチ会の方とも偶然再会 
嬉しかった〜

横浜画塾仲間とランチ
美味しかった〜
楽しかった〜

原宿駅に向かうのにまた路地散歩

B「井戸があるのかな?」
P1070673.jpg

原宿駅に抜ける「階段裏道」発見
まだまだ知らない道がいっぱいある
探検はおもしろい
また行こう!



「お知らせ@」
公募展「入選」しましたのでお知らせします

 「東光会 全国小品部門コンクール」 4月26日〜5月10日
 9:30〜17:30
 東京都美術館
P1070674.jpg

「早く収まれ〜!」
DSC_0263_2.JPG

もうお分かりかとは思いますが、コロナシリーズの「叫び」です。
はじめは 人物の足までいれて描きました。
「迫力がない・・・」
上半身のみにしてもう一枚描きました。

まだまだ終わらないコロナ
描いていたらウクライナ侵攻もひどくなってきました。
「コロナよ〜早く収まれ〜!」の「コロナ」をとりました。
「早く収まれ〜!」
コロナもウクライナ侵攻も一日でも早く収まってほしい。
平和な世の中になってほしい。

お時間ございましたらご覧ください

「お知らせA」
個展のご案内です。
 四辻の齋嘉 群馬県桐生市東久方町2−1−45 
       0277−46−6916
 4月29日〜5月8日  
 10:00〜15:30

GWに桐生で個展をします。
今 絵を展示させていただいている「ベーカリーカフェ レンガ」さんのお向かいさんです。
去年暮れ、レンガさんに絵を持って行く日に 早めにいって懐かしい町をスケッチ散歩。
小雪の舞う寒い日でした。
まずレンガさんを確認。
ふっと見たら 目の前に「ポツリと昭和」発見
「おぉ〜これはいい!」

スケッチしようとしたら・・
「おはようございます。寒いから中にどうぞ〜
 中でも絵を描けますよ〜」
そうお声掛けをいただいたのが最初です。

それから何回かお邪魔し、まるで親戚のお宅のように堀こたつでまったりおしゃべりしました(笑)
「やりたい!」を手助けする「桐生再生」さん
「個展やりたいですか?」
「もちろんです!」

母屋と蔵 広い店内を自由に展示
いろいろ考えています

@桐生思い出イラスト展示(小3〜小5住んでいました)

A町並みスケッチ展示 多数

Bコロナシリーズ展示 多数
      富弘美術館詩画の公募展「優秀賞」作品 ぱたぱた絵
      美術館所蔵になりまたがお借りして展示します。

Cランニングの世界 表紙画+本

D楽走プラス スケッチラン 原画+File

E震災を風化させないための語り部バス 乗車 スケッチ+語り

F成増Patina共同制作「みんなでコロナをふきとばせ〜」等・・・

自宅(板橋)から車に詰め込めるだけ詰め込み展示するつもりです(笑)

GW 桐生に遊びにいらしてください。
10日間 お店のお休みは「なし」にしてくださいました。
斎嘉さん、ありがとうございます。
私も 実家 伊勢崎から 毎日 桐生の会場に通います。
お待ちしております。

「桐生は日本の機(はた)どころ」 (上毛かるた)


posted by miko at 07:58| Comment(2) | スケッチランとお知らせ

2022年04月25日

ビギナーTanakaのラン日記 Vol.3 by みっちさん

帯状疱疹!1か月は痛みがあっただろうか。走り始めてコンスタントに週2くらいのペースで走っていたのに、帯状疱疹になり、走るのをやめた。ピリピリした痛みはなんともいえず、痛み止めを飲んでしのいだ。
春!春!春なのに。

でも桜の咲くころ、また走ろう、と言う気になり、自分自身ホッとしている。

季節の移り変わりは早く、桜は散り、木々が一気に息を吹く。庭のアジサイもヤマボウシも坊主だったのに、今は生き生きと緑色がきれい!

さて、アンデルセン公園には「自然体験ゾーン」という場所があって、散策路と称する雑木林のようなところがある。今日はそんな雑木林を走った。

相変わらずスロースローランニング、「えっ?それ、走ってるの?」と言われるくらいのスピードだ。でも、春の空気は気持ちいい。

<アンデルセン公園シンボル風車>
 風車.jpg

<雑木林>
雑木林.jpg

<菜の花迷路>
菜の花迷路.jpg

<パンジーで作ったアヒルの親子>
 パンジーで作ったアヒルお親子.jpg

<レストラン>
レストラン.jpg

<農家>
農家.jpg

農家花.jpg

―――――――――――――――――――
**投稿のお誘い**

楽走プラスでは、みなさんからの投稿をお待ちしています。
文章、絵、写真、句、なんでも。短い動画も結構です。
お名前は、実名でもペンネームでも可。
投稿やご質問は、下のアドレスまでメールでどうぞ。
rakusou.plus@gmail.com
投稿してくださったものは、掲載を予定しておりますが、時期などは当方におまかせください。
また、掲載記事のリンクをfacebook版楽走プラスに掲載いたします。

―――――――――――――――――――
**コメントのお願い**

コメントお待ちしております。パソコンの場合、記事の後ろの小さな「Comment」の文字をクリック、スマホの場合は「コメントを書く」をタップすると、コメントを書くことも見ることもできます。双方向の会話楽しんでください。
posted by miko at 13:04| Comment(3) | 日記