2019年12月04日

都筑緑道 紅葉マラニック by 北島

都筑緑道は、横浜市の港北ニュータウンに広がる大小の緑地公園を数珠状にぐるりとつなげた広大な公園エリアです。マンション群を縫うように小道が走っているのですが、建物は巧みに緑に隠され、およそ住宅地を走っているとは思えません。うねうねと樹木の中を巡る小道には、細いせせらぎが設けられています。ここは、水の流れをモチーフとした緑道公園なのです。

公園マップ:
https://www.city.yokohama.lg.jp/tsuzuki/kurashi/machizukuri_kankyo/jimusho/gesuido/ryokudo-sign.files/0001_20181108.pdf

枝分かれした小道を、もし道に迷わずに丹念に巡ったとすると公園内だけで20kmを超えます。私は初めてここを訪れた数年前には、自分がどこにいるのかわからなくなって途方に暮れました。この日は、カメラを手に南コース、北コースをぐるりと一周しました。それでも緑道内だけで12kmほどになりました。我が家から緑地まで片道10km弱。久しぶりにまとまった距離を走りました。

春の桜と秋の紅葉の季節、ここは特に訪れたくなるお気に入りの場所です。きょう(11/30)はぽっかり時間が空きました。それ行け!

空気が冷えた晩秋の上天気。紅葉のピークにはあと一週間くらいかと思われましたが、長い緑道を辿っていくうちに秋色が輝いているところをいくつも見つけることができました。水路の頭上に陽の当たった紅葉があると、その色彩に合わせて水面が赤や黄色、緑に染まっていました。

帰路の途中で野菜の露天を見つけ、みずみずしいほうれん草の一束と赤蕪を求めたので小さなリュックはパンパン。寒くなる前に自宅まで走り戻って、熱いシャワー。言うことありません。
1.jpg


2.jpg


3.jpg


4.jpg


5.jpg


6.jpg


7.jpg


8.jpg


9.jpg

10.jpg
posted by miko at 18:48| Comment(0) | 日記