2022年02月23日

はーるよこい by 北島政明さん

♪はーるよこい、はーやくこい。

あと数日もすれば三月、すぐそこまで来た春へ向かう一日一日の変化を楽しんでいます。

1.jpg
[野川流れる早春の野川公園]


今はまだウインドブレーカーが手放せませんが、もう少しばかり待てば、重ね着を脱ぎ、冬用のタイツをクォーターパンツくらいに履き替えて、身軽な格好になって軽快にランニングを楽しむことができそうです。早く来い来い。

お隣の義母宅の庭に置いた小皿に、毎朝ひまわりの種を播いています。自然の餌がまだ乏しいこの時期には、待っていましたとばかり野鳥がやってきてガラス戸越しに義母の目を楽しませてくれます。一番多いのはシジュウカラ。彼らとの混群を作っているアカハラ。ことしはアオジを初めて見ました。

活発な小鳥たちに誘われて、私もあちこちの雑木林や自然公園に走っていきます。向こうに見える林の樹冠がほんの少しだけ軟らかい色彩になってきました。落葉の茶色ばかりだった足元にも、オオイヌノフグリやホトケノザといった早春の常連たちが増えてきました。私の脚もいつのまにか軽くなるというものです。

2.jpg
[節分草 その名の通り節分の季節を知らせる花です 地上数センチの小さな妖精]

3.jpg
[福寿草 パッと明るい笑顔のようなこの花に、よくぞ「福」と「寿」の字を当ててくれました]

春の訪れをいち早く知らせてくれる野草は、春の妖精、スプリング・エフェメラルと呼ばれます。雪があっても一番に顔を出す福寿草。ほの暗い林床に咲く節分草。枯れ葉だらけの中にポッと明かりが灯ったように現れる妖精たちは、短い日数で儚くも姿を消して、その後には本格的に春がやってくるのです。

4.jpg
[河岸段丘から野川に流れ込む春の湧水]

私もつい先日に3回目のワクチン接種を終えました。mRNAワクチンという最新の技術による防御とともに、日々走り・歩きを楽しむことで自然免疫を強固に保ち、心と身体を新しい春に向かって解き放ちたいと思うのです。

だんだんと軌道に乗せていっていただけそうなランニング大学。みなさんとの久方ぶりの再会を楽しみにしています。
posted by miko at 19:44| Comment(4) | 写真とレポート

2022年02月11日

スケッチラン 2022 2月分 by スケッチランのぐちさん

 みなさん、こんにちは。お元気ですか?
 まだまだ寒い日が続いています。が、ひと月前の初日の出ランの時と比べ、日の出の方角がかなり北にずれました。「春」はもうそこまで・・・。桜の季節がやってきます!
 今回は地元板橋でスケッチラン。早朝にぐるっとしてきました。どうぞご覧ください。

 日の出時刻頃にスタート。今日も晴れ。さてどこにいこうか?
 寒い季節は太陽を目指して走りたいと思うことが多いが、今日は違うみたいだ。とりあえず大山方向へ・・・
 何回通ったかわからない道でセンサーが鳴った。
 三角の土地に三角の屋根。いろいろ規制があるんだろうなぁ・・・。
@「三角さんかく」
P1350118.jpg

川越街道を渡って・・・・
A「水上様」
P1350121.jpg

ちょっと脇道に入って板橋交通公園へ
こんな早朝ではだれもいない・・
バスをスケッチ
この中央のマークは何だろう?(何をデザインしたのか?)
デザインも結構気になる。

B「都バス」
P1350137.jpg

さて次は・・・
ゆるゆるランで進んでいると
あっ!
あっあ〜っあ〜〜っ・・・・
私が走っっていく先で自転車に乗ったおばあさんが転倒
私を見て停まろうとしたのか?
まだ距離はかなりある
いや、とっさにブレーキをかけたかも?
無意識にブレーキをかけたので、足が動かずべダルに乗せたままの姿でコテっと倒れた。
コテっとがスローモーションのように見えた
人間の感覚は不思議だ

そのまま駆け寄って、「ちょっとそのままで動かないでね」
まずは痛みの確認。
ジンジン痛み出したら骨折かも。
そうなら救急車・・と思ったが大丈夫そう。
「よかったね〜」といいながら、おばあさんの身体を起こし、籠から飛び出た荷物をまとめ、「情けない」とめそめそするのを慰め、ちょっとおしゃべり。
大丈夫そうだ。よかった。
最後に立ち上がるのを補助して「またね〜」
ちょうど親くらいだな
また会えるといいな

C「あっ あっ〜 あっ〜〜」(こんな感じだった)
P1350128.jpg



路地探検は続く
D「空襲犠牲者供養のお地蔵様」
P1350130.jpg

E「天使の像」(板橋文化会館の角)
P1350133.jpg


※最後までご覧下さりありがとうございます。
 今回は一色画
 現場では下描きのみ、帰宅後に記憶頼りで塗りました

どうぞお気軽にコメントお書きください。
記事の後ろの小さなコメントの文字をクリック(タップ)すると、コメントを見ることも書くこともできます。「コメントを書く」のところで書くことができます。双方向の会話楽しみましょう。




posted by miko at 15:42| Comment(0) | スケッチラン