2022年04月22日

足元が気になる春のランニング by 北島政明さん

写真1.jpg
キクザキイチゲ
※写真はクリック(タップ)すると大きくみることができます。

春。野を山を気持ちよく走っていると、視界の片隅をちらりと鮮やかな彩りがかすめることがある。

そうすると、私はすぐさま立ち止まってしまう。
しゃがみ込んで足元の「ちらり」を探すと、目に入ってくるのは華奢な野の花だ。
近くに寄らないと見過ごしてしまいそうなこの季節の野草たちは、ほんの一週間もしないうちに儚くも姿を消してしまう。

こうして私の春のランニングは、立ち止まってばかりの次第となる。
立ち止まっては走り出し、また立ち止まる。
春の土の匂いにも誘われて、豊かな時間はあっという間に経ち、思いがけず遠くまで走って来てしまったことに気がつくのだ。


<野を走る>
写真2.jpg
キンランの咲いた雑木林

写真3.jpg
しゃがむと見える、ミチタネツケバナ

写真4.jpg
草むらの中には、カキドオシ(薄紫)とホタルカズラ(青)

写真5.jpg
日溜りには、たんぽぽを連れたフデリンドウ

<山を走る>

写真6.jpg
沢筋のニリンソウ群落

写真7.jpg
林の日陰にはチゴユリがうつむく

写真8.jpg
ユキワリイチゲの別世界

写真9.jpg
高尾山で発見されたタカオスミレ

一心に走りに集中する楽しさがある一方で、立ち止まる楽しさもあるように思います。
立ち止まってみると、走っているときとは景色が変わります。
さらにしゃがみ込んでみると、そこにはどこか子供のころに駆け回って見ていたような世界が広がるのを感じます。


―――――――――――――――――――
**投稿のお誘い**

楽走プラスでは、みなさんからの投稿をお待ちしています。
文章、絵、写真、句、なんでも。短い動画も結構です。
お名前は、実名でもペンネームでも可。
投稿やご質問は、下のアドレスまでメールでどうぞ。
rakusou.plus@gmail.com
投稿してくださったものは、掲載を予定しておりますが、時期などは当方におまかせください。
また、掲載記事のリンクをfacebook版楽走プラスに掲載いたします。

―――――――――――――――――――
**コメントのお願い**

コメントお待ちしております。パソコンの場合、記事の後ろの小さな「Comment」の文字をクリック、スマホの場合は「コメントを書く」をタップすると、コメントを書くことも見ることもできます。双方向の会話楽しんでください。
posted by miko at 10:19| Comment(5) | 写真とレポート