2020年01月16日

東日本大震災を風化させないために・・

 去年の秋、東北ツアー参加。いつものようにばんばんスケッチ。

 南三陸のホテルに宿泊した翌朝、ホテル主催の「”震災を風化させないため”の語り部バス」に乗車。語り部さんのガイドを聴きながら約一時間、被災した町内を巡った。

 話しながら何度も声を震わせ言葉につまる語り部さん、辛そうだ。それでも「風化させたくない」と話し続ける。その思いを受け、見聞きしてきたことを自分なりの方法で伝えようと決めた。


「伝える@」

 語り部バス乗車の際のスケッチと語りをまとめて額装。いろいろな展示会に出品、多くの方に見ていただきました。


 語り部さんのお話など詳細については、ランニングの世界25号に掲載させていただきます。


 以下、額装した様子とそれぞれのスケッチです。
1 DSC_3014-001.jpg

2 P1270029-001.jpg

3 P1270035-001.jpg

4 P1270166-001.jpg

5 P1270042-001.jpg

6 P1270032-001.jpg

7 P1270048-002.jpg

「伝えるA」
 UR都市機構主催のコンテスト「東日本大震災 復興の歩みフォト&スケッチコンテスト2019  〜東北の「いま」を伝える〜」に応募

 旅行中に描いたものの中で「いま」を伝えられるものは・・?それなら「三鉄」だろう。   
春に全線開通した三陸鉄道に乗車、地元の方や観光客で賑わう車内をスケッチしてきた。
 そのスケッチをもとに描いた絵を出したところ、「入賞」しました。
 応募はスケッチとコメントの組み合わせ。それには、この「楽走プラス」の掲載経験が「大」でした。ありがとうございます。
 現場で描いてきたスケッチとメッセージです。

『全線開通おめでとう』
  
「全線開通でにぎわう三鉄内をスケッチ。テーブルを挟み偶然居合わせた2人+2人。旅行中の父と娘+地元のご夫婦。「どちらから?」会話が弾む。外を見ながら語るおじいさんの声が静かに聞こえてくる。「笑顔をつなぐ、ずっと・・・。」笑顔・希望・夢・・・。いろいろずっとつないでいってほしい。」

8 P1270168.jpg

・・・作品展のご案内・・・

〇首都圏

・開催日時: 2020215日(土)〜313日(金)

・開催場所: 行幸地下ギャラリー (丸ビルと新丸ビルをつなぐ地下通路) 


〇宮城、岩手、福島でも開催されます。


詳しくはUR都市機構HPをご覧ください。

https://www.ur-net.go.jp/fukkou-photosketch/contest2019/result/index.html


 このコンテストは「復興の歩みを広く発信することで被災地の復興を支援する」のが目的です。復興に向けて動くまちや暮らしの風景の「いま」がメッセージ付きでご覧いただけると思います。

 お近くにお立ち寄りの際は、是非、お立ち寄りください。


posted by miko at 10:36| Comment(0) | スケッチラン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: