2022年06月19日

「群馬県 みどり市 スケッチ散歩」BY スケッチランのぐち 

みなさん こんにちは
関東は6月6日に梅雨入り
じめじめしとしと・・・にはならず、晴れる日が多いように感じます

GWに桐生市東久方「四辻の齋嘉」で個展をさせていただきました。
「今度は大間々でやりませんか?」
話がつながりました。
ありがたいことです。
秋 ながめ余興場の菊祭りに合わせて開催予定、 ただ今 準備中です。

大間々方面スケッチ 今回で5回め。

[スケッチに描かれた場所の地図]
みどり市スケッチラン地図.jpg

6月11日
この日も 実家 伊勢崎に帰る前に みどり市に向かい、スケッチ。
どうぞご覧下さい。


「鶴舞う形の群馬県」(上毛かるた)
鶴の羽の部分に桐生 ちょっと北が大間々
その程度の認識で移動している。
いつも同じ道ではつまらない。
あえてナビに従わず 青看頼りに大間々へ向かった。

まっすぐに北上
いい道 発見
大間々の手前で「岩宿遺跡⇒」の看板が目に入った。
「そうか〜ここか〜」

みどり市笠懸の名所 
笠懸在住の方が
「笠懸には何もないよ〜(絵にするような場所)」
そう話されてた。
そんなことはない!
日本文化の起源 岩宿遺跡
そのうちに描きに行こうと思っていた場所だ
ちょうどいい
寄って行こう!

駐車場に車を停め 道を渡ろうとしたら発見!

@何を指さしているのかな?(岡上景能像)
P1080061.jpg

大きな池で魚釣り
木もパラソルもきれいに映ってる
のんびりと時間が流れている
まぁこれはこれでいい 
が、
ここならではの「何か」ないかな〜
ちょっと行くと・・・・
大発見!
「ん?」
「何これ〜〜〜??」
「なるほど〜・・・」
「たくさんあるし、大きいし、軽くて丈夫だし・・」
「柱にするにはいいかもしれない!」

Aお〜〜 まるでゴンの家(マンモス象の骨で作った家)
P1080063.jpg

みどり市キャラクターは「みどモス」
博物館に入れば遺跡等 いろいろあるんだろうな〜
十分楽しめそう
今日はパス また今度
大間々へ移動

あっそうだ!
このまま ちょっと先の上神梅の宿に行ってみよう!
私は古い建物が好き
「だったらいいかもしれないよ〜」
そう教えてもらっていたところだ。
私は運転は下手。
くねくね道を慎重に進み 宿に到着。

お〜古い!
まるで学校みたい
正面からは見渡せない
裏に戻ってスケッチ
休耕地みたいな手前は水田に変身
大好きな映り込みにした

B昔のまんま 木のお宿
P1080064.jpg

大間々駅前に戻り 車を置いて スケッチ散歩スタート!!
まずはダムへ
前回 あまりの水量にめまいを感じながら高津戸橋からスケッチした
その時に「高津戸ダムが放水しているから水量が多い・・」と 地元ランナーさんに教えていただいた。
「次はその高津戸ダムに行ってみよう!」と思っていた。
はねたき橋を渡る
眺めがいい
だが・・目指すはダム!
すごい水量だ!
放水がよく見えるのは・・・?
上から!
上の道に上がってスケッチ

Cあまりの水量 めまいがしてくる
P1080067.jpg
移動
「あそこ歩けるのか〜」
スケッチしながら発見
その場所へ
これはすごい!
放水場所の真上
出ている水がすごい勢い
上に跳ねる余裕もなく前に飛び出している
音も大きく「危ない」と感じる
怖い

Dすごい勢い 音もすごい 怖い 怖い・・・
P1080069.jpg
移動
そうだ!
「事務所に行けばダムカードがある」
先日 地元ランナーさんに教えてもらったなぁ・・
しかも「平日のみ」
今日は?  平日! 
ちょうどいい!

男階段(男坂はあるが男階段ってあるか?出世階段・・?)みたいな階段を上ってダム事務所へ
「高津戸ダム」「黒坂石ダム」のカードをもらった
満足!
ニコニコしながら町へ移動

大間々 
足尾銅山に続く銅(あかがね)街道 宿場町 
「間々」は河岸段丘のこと
沼田もそうだった 
大きな間々で「大間々」

先日 三方良しの会 会長さんからいろいろなことを教えていただいた
町も案内していただいた

歴史のある町
「近江商人の心が息づく三方良しの蔵の町」
古いものがぎりぎり?残っている。
どうにか残して伝えようと頑張っている方々がいる。
古いものが残っているうちに この町につながってよかった!

本町通りへ出る
街道っぽい家(町屋)はないかな・・
あった〜!

Eお〜 立派な構え 大きなお宅だ!
P1080070.jpg
移動
この先が前回通ったお寺さんか・・
あれ?門?

Fん?門の跡? 
P1080072.jpg

次 気になる場所へ!

橋ができる前は 渡し舟で行き来していた渡良瀬川
船に乗る前は「どうぞ無事に渡らせてください お願いします」とお参り
渡った後は「無事にわたらせてくださり ありがとうございました」とお参り
川の両側にお参りしていた場所がある
こちらは長澤薬師
向こう側にも「何か」あるらしいよ
(三方良しの会長さんの話)

その「何か」を探してみよう・・
高津戸橋を渡って川沿いに続く道を進む
阿弥陀堂発見!
川に降りられそうな道?があるようにみえるが、濡れていて滑りそう・・
危ない!諦めよう!
「高津戸の渡し船場跡」表示板はあった
ここが「何か」だと思う!

G高津戸村の阿弥陀堂
P1080075.jpg
さて戻ろう!
そうだ!
せっかくなので遊歩道へ

数年前(コロナの前だったから4年前?)に来たときは 真冬 北風ぴゅ〜ぴゅ〜
遊歩道をさ〜っと歩いて 上がって ながめ余興場も走りすぎて終わった(笑)

Hまっかっか 高津戸橋
P1080076.jpg


Iポットホールとはねたき橋
P1080078.jpg
さて もう帰ろう
はねたき橋をわたり 最後に はね瀧道了さんへ
ねじりん棒は「ひねくれが治りますように・・」とのこと
なるほど・・・

Jお〜天狗だ〜
P1080080.jpg

駅に戻って 大間々スケッチ散歩 終了
あ〜 楽しかった!
かなり枚数がたまってきたな〜
よかった!

―――――――――――――――――――
**投稿のお誘い**

楽走プラスでは、みなさんからの投稿をお待ちしています。
文章、絵、写真、句、なんでも。短い動画も結構です。
お名前は、実名でもペンネームでも可。
投稿やご質問は、下のアドレスまでメールでどうぞ。
rakusou.plus@gmail.com
投稿してくださったものは、掲載を予定しておりますが、時期などは当方におまかせください。
また、掲載記事のリンクをfacebook版楽走プラスに掲載いたします。

―――――――――――――――――――
**コメントのお願い**

コメントお待ちしております。パソコンの場合、記事の後ろの小さな「Comment」の文字をクリック、スマホの場合は「コメントを書く」をタップすると、コメントを書くことも見ることもできます。双方向の会話を楽しんでください。


posted by miko at 13:34| Comment(0) | スケッチラン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。