2022年06月12日

熊本中心市街地に新名所「熊本屋台村」誕生 by カタブツさん

 みなさん、こんにちは〜。今回は6月3日にオープンしたばかりの「熊本屋台村」を紹介します。仕事場の近く、元銀行のビルが解体され何が出来るんだろうと思っていたら、オフィスビルが立ち並ぶ一角になんと表通り(電車通り)から裏通りに抜ける路地を挟んで屋台村が出現。
写真No.1.jpg

オープン前日の新聞記事によると[熊本の魅力の発信拠点として、観光客や市民が地元の料理などを楽しめる場にしようと18店が出店」とあった。屋台村では、熊本名物の馬刺しを出す店、県産の野菜料理を出す店、天草地方の魚介類を出す店、ほかにもイタリアン、カレー、ラーメン店など色とりどり、狭いエリアで「はしご」が楽しめそうです。
オープン初日は金曜日、仕事帰りにちょっと覗いてみると裏通りには入場規制の行列、最後尾で看板を持つ警備スタッフを見ると入場まで30分〜40分待ち。
写真No.2.jpg

写真No.3.jpg

写真No.4.jpg

写真No.5.jpg

新型コロナが収束しつつあるとは言え、このエリアに足を踏み入れるのはまだ早いと早々に退散(笑)。
 数日後、平日の昼下がり、所要のため時間休をとって帰宅途中、屋台村の裏通り側の入り口を覗いてみるとランチ営業をやっている店があるらしく、お客さんがそこそこ入っている。あまり混み合ってなさそうなので、屋台村の路地をちょっとだけ散策してみることに・・・。中に入ると狭い路地を挟んだ各店の前にはテーブルと椅子が並び、そこでランチを楽しむ人達、中にはお昼からビールジョッキ傾ける人もいて、なんかいい雰囲気。
写真No.6.jpg

写真No.7.jpg

写真No.8.jpg



写真No.9.jpg


人出が落ち着いたら夜の屋台村にカミさんと行ってみなくては・・・。みなさんも、熊本にお越しの際は是非立ち寄ってみてはいかがでしょう。

つづき
posted by miko at 10:13| Comment(1) | 写真とレポート

2022年04月22日

足元が気になる春のランニング by 北島政明さん

写真1.jpg
キクザキイチゲ
※写真はクリック(タップ)すると大きくみることができます。

春。野を山を気持ちよく走っていると、視界の片隅をちらりと鮮やかな彩りがかすめることがある。

そうすると、私はすぐさま立ち止まってしまう。
しゃがみ込んで足元の「ちらり」を探すと、目に入ってくるのは華奢な野の花だ。
近くに寄らないと見過ごしてしまいそうなこの季節の野草たちは、ほんの一週間もしないうちに儚くも姿を消してしまう。

こうして私の春のランニングは、立ち止まってばかりの次第となる。
立ち止まっては走り出し、また立ち止まる。
春の土の匂いにも誘われて、豊かな時間はあっという間に経ち、思いがけず遠くまで走って来てしまったことに気がつくのだ。


<野を走る>
写真2.jpg
キンランの咲いた雑木林

写真3.jpg
しゃがむと見える、ミチタネツケバナ

写真4.jpg
草むらの中には、カキドオシ(薄紫)とホタルカズラ(青)

写真5.jpg
日溜りには、たんぽぽを連れたフデリンドウ

<山を走る>

写真6.jpg
沢筋のニリンソウ群落

写真7.jpg
林の日陰にはチゴユリがうつむく

写真8.jpg
ユキワリイチゲの別世界

写真9.jpg
高尾山で発見されたタカオスミレ

一心に走りに集中する楽しさがある一方で、立ち止まる楽しさもあるように思います。
立ち止まってみると、走っているときとは景色が変わります。
さらにしゃがみ込んでみると、そこにはどこか子供のころに駆け回って見ていたような世界が広がるのを感じます。


―――――――――――――――――――
**投稿のお誘い**

楽走プラスでは、みなさんからの投稿をお待ちしています。
文章、絵、写真、句、なんでも。短い動画も結構です。
お名前は、実名でもペンネームでも可。
投稿やご質問は、下のアドレスまでメールでどうぞ。
rakusou.plus@gmail.com
投稿してくださったものは、掲載を予定しておりますが、時期などは当方におまかせください。
また、掲載記事のリンクをfacebook版楽走プラスに掲載いたします。

―――――――――――――――――――
**コメントのお願い**

コメントお待ちしております。パソコンの場合、記事の後ろの小さな「Comment」の文字をクリック、スマホの場合は「コメントを書く」をタップすると、コメントを書くことも見ることもできます。双方向の会話楽しんでください。
posted by miko at 10:19| Comment(5) | 写真とレポート

2022年03月28日

くまもと花とみどりの博覧会の紹介 by カタブツさん

みなさま、こんにちは〜。昨年7月以来久々2度目の投稿です。
 今日(3月26日)は、熊本10Kレースの日だったのですが、一昨日新型コロナワクチンの3回目接種を行ったところ、副反応で昨日は体温38.1度、今朝は微熱程度に下がったのですが、からだが気だるく走る気になれずやむなくDNS。副反応を少し甘く見ていました。(^ ^;
 というわけで、持て余した時間を「楽走プラス」の原稿に当てることにしました。
 巷では春爛漫、私の住む熊本でも桜の開花宣言が出たと思ったらあっという間にほぼ満開。合わせるように熊本では「くまもと花とみどりの博覧会」(3月19日〜5月22日)が始まりました。
 早速、会場の一つの「街なかエリア」へ母を伴ってでかけてみました。エリアの一角で熊本城にほど近い「桜町・花畑エリア」は熊本市街地中心部の再開発地区に設けられており、新しい建物群ときれいな花のコントライトがとてもきれいです。花の飾り付けは著名なフラワーアーティストが手掛けたとのことで、見事に咲き誇る色とりどりの花々が斬新なデザインで展示されています。

写真No1.jpg


写真No2.jpg

写真No3.jpg

写真No4.jpg

写真No5.jpg

写真No6.jpg

写真No7.jpg

写真No8.jpg

写真No9.jpg

花の名前に詳しくない人でも大丈夫です。花壇の縁にはQRコードがあって、スマホで読み取ると花の情報が表示される仕組みになっています。
 一通りフラワーアートを満喫してから商店街アーケードの「新市街エリア」に向かうと入り口には巨大な「くまモン」が出迎えてくれました。

写真No10.jpg

近づいてみると、なんと全身ドライフラワーでできています。黒いドライフラワーは着色かななどと想像しながら見上げていると、卒業式らしい振り袖姿の若い女性たちが記念撮影を始めてその場の空気をぱっと明るくしてくれました。
 博覧会はまだ始まったばかり、コロナ禍状況が許せば、みなさまも熊本へお出かけくださいませ。

―――――――――――――――――――
**投稿のお誘い**

楽走プラスでは、みなさんからの投稿をお待ちしています。
文章、絵、写真、句、なんでも。短い動画も結構です。
お名前は、実名でもペンネームでも可。
投稿やご質問は、下のアドレスまでメールでどうぞ。
rakusou.plus@gmail.com
投稿してくださったものは、掲載を予定しておりますが、時期などは当方におまかせください。

―――――――――――――――――――
**コメントのお願い**

コメントお待ちしております。パソコンの場合、記事の後ろの小さな「Comment」の文字をクリック、スマホの場合は「コメントを書く」をタップすると、コメントを書くことも見ることもできます。双方向の会話楽しんでください。
posted by miko at 21:07| Comment(3) | 写真とレポート