2022年06月12日

吟走プラス 5月の句


Running 'haiku', Japanese style of very short poem composed of only seventeen syllables.
Now we've named this series of running haiku as 'Gin-sou plus', that is runninng with haiku mind.

遅くなりましたが、5月の句です。
今回は、間さんと北島が薫風の中を走って感じたことを詠みました。

鯉のぼりのスケッチ画は、野口智子さんにいただきました。赤城山を背景に泳ぐ鯉のぼりも合わせてお楽しみください。

今回より、俳句のシリーズを「吟走プラス」と名付けました。
「吟走」とは、山西哲郎先生が以前の自然体験塾などで当時の会員の方々とともに大いに走り、自由句のような感覚で俳句を詠まれていたころの造語です。
今回、楽走プラスのシリーズ名にしたいとお願いをしましたところ、ランニングが豊かな文化になるように使ってくださいと快諾をいただきました。
山西先生、ありがとうございます。

北島政明

2022-06-12 5月の句.jpg

2022-06-013.jpg


※本記事を含めて楽走プラスに掲載された文章及び画像の無断転載はお断りいたします。

―――――――――――――――――――
**投稿のお誘い**

楽走プラスでは、みなさんからの投稿をお待ちしています。
文章、絵、写真、句、なんでも。短い動画も結構です。
お名前は、実名でもペンネームでも可。
投稿やご質問は、下のアドレスまでメールでどうぞ。
rakusou.plus@gmail.com
投稿してくださったものは、掲載を予定しておりますが、時期などは当方におまかせください。
また、掲載記事のリンクをfacebook版楽走プラスに掲載いたします。

―――――――――――――――――――
**コメントのお願い**

コメントお待ちしております。パソコンの場合、記事の後ろの小さな「Comment」の文字をクリック、スマホの場合は「コメントを書く」をタップすると、コメントを書くことも見ることもできます。双方向の会話を楽しんでください。

つづき
posted by miko at 21:22| Comment(1) | 吟走プラス